ドイツ タンタウ社について

大人気の藤色のバラ「ブルームーン」

タンタウ社は、北ドイツのウェッテルセンにて創立。

創立者マティアス・タンタウ・シニア氏
園芸会社で樹木やバラの台木の栽培や、有名なバラ園ペーター・ランバートで経験を積み…
1906年、父の土地にて園芸会社を創立、現在のタンタウ社の始まりです。

バラの台木と苗木、スタンダードローズを生産。

1914年、バラの苗木生産25万本、バラの台木生産は300万本まで増加。
その後、第一次世界大戦によって生産数が激減する。

1919年、損失を埋めるためバラの育種をはじめる。

二度の世界大戦や、突然の災害などにも苦しめられましたが…
順調に新品種を生み出し、評判となっていきます。

創業者マティス氏亡き後、息子マティアス・タンタウ・ジュニア氏が後を継ぐ。
大輪で鮮やかな花色のバラの育種に力を注ぐ。

この頃、西ドイツ初代首相のコンラート・アデナウアー氏に、バラを捧げるという栄光に恵まれる。
(その後、東西ドイツが統一時の首相ヘルムット・コール氏にもバラを捧げています。)

1960年、輝くようなサーモンオレンジのHT品種「スーパー スター」を発表。
一大センセーションを引き起す。

強香と強健さを兼ね備えた大輪系品種「ブルームーン」などの銘花を数多く世に送り出しています。

1964年、タンタウ社は従業員70名、年間300万本のバラの苗木を生産する会社に成長。
国際コンクールにて数々の賞を受賞するようになる。

1980年代、息子ハンス・ユルゲン・エバース氏が三代目となる。

現在は四代目、祖父の代から長くタンタウ社に貢献してきたクリスティアン・エバース氏。

庭園バラの育種から始まったタンタウ社は、
現在様々なタイプの庭園バラや切りバラにおいても世界中で大成功を収めています。
日本でも「ブルームーン」「ロココ」などは人気があります。

2006年、タンタウ社は100周年を迎えた。
同年 二代目マティアス・ジュニアは、この世を去りました。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

マイガーデン誌の和の庭に向く赤紫色のバラ

My Garden誌 秋号2015

※上写真のバラ「えびぞめ色のパルフェ タムール」 ※下写真のバラ「絞りの着物を思わせるパープルのスプラッシュ」 My…

バラ図鑑

おすすめ記事

ページ上部へ戻る