優しい花色のバラ「キャロリーヌ ドゥ モナコ」

僅かにクリーム色を帯びた検弁高芯咲きの美しい一輪のバラ

モナコ公国のキャロリーヌ王女に捧げられたバラ。
20世紀をリードしてきたバラ育種会社フランス・メイアン家作出。

僅かにクリーム色を帯びた花色が、優しい雰囲気を与えるバラ。
大きく見栄えがする花は切花としても美しく、花持ちも良い。
強健種で育てやすく、初心者にもお勧めのバラです。


キャロリーヌ ドゥ モナコ

品種名:Caroline de Monaco
系 統:HT(ハイブリッドティ)
作出年:1989年
作出国:フランス
作出者:Meilland (メイアン社)
交配親:※

花 色:アイボリー
花 形:剣弁高芯咲き
花 径:大輪
香 り:微香
開花性:四季咲き
樹 形:半直立性、やや横張り性
樹 高:1~2m
樹 勢:強い
用 途:花壇、鉢植え
バライラストメイアン社についてはこちらをご覧下さい。


 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

マイガーデン誌の和の庭に向く赤紫色のバラ

My Garden誌 秋号2015

※上写真のバラ「えびぞめ色のパルフェ タムール」 ※下写真のバラ「絞りの着物を思わせるパープルのスプラッシュ」 My…

バラ図鑑

おすすめ記事

ページ上部へ戻る