花弁数が多くゴージャスな雰囲気のバラ「クリムゾン グローリー」

クリムゾンレッドの大輪のバラ

永く愛されてきた歴史的名花で、多くのバラの交配親でモダンローズに多大な影響を与えた品種。
また、このバラがはじめてのビロード調の赤色、のち多くの赤ばらの名花を誕生させています。

花びらの質感が良く、光沢のある美しいクリムゾンレッド。
赤バラには、めずらしく芳香性で強いダマスク香。
切花にも向き、育てやすく初心者にもお勧めのバラです。


クリムゾン グローリー

品種名:Crimson Gglory
系 統:HT(ハイブリッドティ)
作出年:1935年
作出国:ドイツ
作出者:Korden(コルデス社
交配親:Cathrine Kordesの実生×W.E.Chapllin

花 色:赤色
花 形:半剣弁高芯咲き
花 径:大輪
香 り:強香
開花性:四季咲き
樹 形:半横張り性
樹 高:0.8~1m
樹 勢:強
用 途:鉢植え向き
受賞歴:RNRS(英国王立バラ協会)金賞受賞


 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

風のガーデンの草花

国際バラとガーデニングショウ「風のガーデン」

「風のガーデン」は倉本聰氏が同名の富良野を舞台に、 終末医療をテーマにしたテレビドラマの舞台用にゴルフ場跡地に作ったのです。 …

バラ図鑑

おすすめ記事

ページ上部へ戻る