シックな色彩で印象深いバラ「エクセレンツ フォン シューベルト」

深い赤紫のバラ

著名音楽家シューベルトを冠にしたバラ。

和の庭にも調和する花色は、赤紫から徐々にバイオレットに変化。
一枝に7~8輪ほどの蕾を付ける。

優れた耐寒性があり、細枝でトゲも少ない。
寒冷地ではシュラブとして育てるか、アーチやトレリス仕立に利用できます。


エクセレンツ フォン シューベルト

品種名:Excellenz Von Schubert
系 統:Pol(ポリアンサ)
作出年:1909年
作出国:ドイツ
作出者: P.Lambert
交配親:Madame Norbert Levavasseur × Frau Karl Druschki

花 色:深い赤紫~バイトレット色へ 花 形:ロゼット咲き
花弁数:50~60枚
花 径:小輪
香 り:強香(スパイス香)
開花性:四季咲き
樹 形:半つる性
樹 高:1.2m
樹 勢:強
用 途:鉢植え、花壇

※ポリアンサローズ系(Pol)
1875年頃に、ロサ・キネンシス・ミニマ × ロサ・ムルティフローラが交雑されて出来た系統。
フロリバンダの親。
バライラスト系統によるバラの特徴について詳しくはこちらをご覧下さい。


 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

紅茶色のバラ

ユニークな花色のバラ「ブラックティー」

茶バラと言われる、シックで個性的な大人のバラ。 夏場高温だと燃えるような朱色に、秋は深く本来の魅力的な紅茶色に。 やや初心者…

バラ図鑑

おすすめ記事

ページ上部へ戻る