天使の名を持つ神秘的なバラ「ガブリエル」

ピュアホワイトのバラ

中心に淡いパープルが入り、天使の羽のような花びらがふんわりと開花するバラ。
上品で優しい甘い香りが、やすらぎを与えてくれます。


ガブリエル

品種名:Gabriela
系 統:F(フロリバンダ)
作出年:2008年
作出国:日本
作出者:河本純子氏(河本バラ園)
交配親:※

花 色:ピュアホワイト
花 形:ロゼット咲き
花 径:中輪
香 り:強香
開花性:四季咲き
樹 形:シュラブ
樹 高:1m
樹 勢:普通
用 途:鉢植え向き


※ヘブンシリーズ
イギリス、17世紀の詩人ジョン・ミルトンの旧約聖書の創世記をテーマにした叙事詩・失楽園に登場する天使たちの名を持つシリーズ。
ガブリエルは、恵、知恵、慈悲、約束の天使。
エデンの園の統治者であり、智天使の支配者でもある。


 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

マイガーデン誌の和の庭に向く赤紫色のバラ

My Garden誌 秋号2015

※上写真のバラ「えびぞめ色のパルフェ タムール」 ※下写真のバラ「絞りの着物を思わせるパープルのスプラッシュ」 My…

バラ図鑑

おすすめ記事

ページ上部へ戻る