半八重の平咲きのバラ「ラビアンローズ」

濃いピンク色の平咲きの一輪のバラ

花弁の中心が白く濃いピンク色が美しいバラ。
房になって、多くの花を咲かせます。

京都で育種されたとあって、耐寒性は抜群。
初心者にもお勧めのバラです。


ラビアンローズ

品種名:Lavieen Rose
別 名:Vie en Rose
系 統:F(フロリバンダ)
作出年:1991年
作出国:日本
作出者:亀山 寧
交配親:Charleston × Friesia

花 色:ピンク色
花 形:平咲き 花 径:中輪
香 り:微香
開花性:四季咲き
樹 形:半横張り性
樹 高:1~1.3m
樹 勢:強い
用 途:鉢植え、花壇
※ラビアンローズは、イギリスのコンクールで優勝した日本人初のバラでもあります。

バライラストラビアンローズについて詳しくはこちらをご覧下さい。


 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

濃いローズピンクの一重のバラ

世界バラ会連合 第17回世界大会 2015

「栄誉の殿堂入りのバラ一覧」 「カクテル」 2015年(第17回)世界バラ連合世界大会が、フランス・リオンで開催されま…

バラ図鑑

おすすめ記事

ページ上部へ戻る