野生種の強さを秘めたバラ「リージャン ロード クライマー」

花弁がふんわりと重なるオープンカップのピンク色の美しいバラ

春一番に開花する早咲き品種。
花付き、花もちの良く、オープンカップの花弁を一輪又は数輪の房に咲かせる美しいバラ。

初心者向き、生育旺盛で、無農薬、無肥料でも丈夫に育つ。
トゲが多く、枝も良く伸びるので広いスペースが必要。

施肥量には注意が必要。
肥料が多いとうどんこ病になりやすい。
でも、うどんこ病にかかっても生育には影響ないほど丈夫な品種。

※中国雲南省の麗江路(リージャン・ロード)沿いに植栽されていたのを、
イギリス人のRoger PhillipsとMartyn Rixが発見。
この名がついたそうです。


リージャン ロードク ライマー

品種名:Lijiang Road Climber
系 統:CIT(クライミング ティー)
作出年:1993年
作出国:中国にて発見
作出者:Roger PhillipsとMartyn Rixによって発見
交配親:不明

花 色:ピンク
花 形:カップ咲き
花 径:大輪
香 り:強香
開花性:一季咲き
樹 形:つる性
樹 高:3~5m
樹 勢:強
用 途:庭植え、バーゴラ、フェンス、壁面など

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

アーチに絡まったラベンダー色のバラ「スターリングシルバー」が強い香を漂わせています。

谷津バラ園

国際バラとガーデニングショウへ行った翌日に、谷津バラ園に行ってきました。 全体的に5~6部咲きと言ったところでしょうか…? …

バラ図鑑

おすすめ記事

ページ上部へ戻る