世界的なオペラ歌手の名をもつバラ「マリア カラス」

大輪のローズピンク色の一輪のバラ

良い香りを漂わせ、ひときわ目をひく大輪の濃いローズピンク色のバラ。
強健で、病害虫にも強く、数年すると大きな株に育つ、初心者にもお勧めのバラです。

※枝代わりにつるマリアカラスもあります。


マリアカラス

品種名:Maria Callas
別 名:Miss All-American Beauty(ミス オール アメリカン ビューティ)
系 統:HT(ハイブリッドティ)
作出年:1965年
作出国:フランス
作出者:M.LMeilland (メイアン社)
交配親:Chrysler Imperial×Karl Herbst

花 色:ローズピンク色
花 形:半剣弁高芯咲き
花 径:大輪
香 り:良香
開花性:四季咲き
樹 形:半横張り性
樹 高:1.5m
樹 勢:強い
用 途:鉢植え向き

※マリアカラスについて
20世紀最高のソプラノ歌手と言われたましたが、絶頂期は10年程です。
プライベートでは30歳年上の実業家と結婚しますが、ギリシャの大富豪で海運王のオナシスの元に出奔し離婚します。
オナシスとの愛人関係は、ケネディー大統領未亡人ジャッキーとの結婚後も続いたそうです。

1974年に来日、前年から続いていたワールドツアーの最後を飾るもので、福岡、大阪、東京、札幌で公演。
その札幌公演(北海道厚生年金会館)が、公式の最後の舞台となりました。
バライラストメイアン社についてはこちらをご覧下さい。


 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

黄色のバラ

鈴木省三氏作出 バラ一覧

品 名:Asagmo 作出年:1973年 系 統:HT 交配親:peace実生×Charleston実生 花 色:薄い黄色~紅赤…

バラ図鑑

おすすめ記事

ページ上部へ戻る