薄青紫色の小ぶりの花がスプレー状に咲くバラ「オンディーナ」

淡い青紫色の可憐なバラ

青バラの中でも青みの強い色調を持つ品種。
青系のバラの中でも有名な青龍の親。

花付きが良く、比較的育てやすい品種。
細枝であまり横に広がらず、株はコンパクトにまとまるので狭い場所での栽培向き。

夏場は下葉を落としますが、茶系やパープル系の特性で、上葉が付いていれば大丈夫です。
開花後の剪定は、やや浅めに行なう方か良いようです。(なるべく葉を多く残す為)

特殊な色としては、水あげと花持ちがいいので切花品種として販売されてたそうです。
ブーケ用などとして、今も人気のバラです。


オンディーナ

品種名:Ondina
系 統:F(フロリバンダ)
作出年:1986年
作出国:日本
作出者:小林森治氏
交配親:((たそがれ×実生) × 実生) × すみれの丘

花 色:淡い青紫色
花 形:半八重の半剣弁咲き
花 径:中輪
香 り:微香(ティー系の香)
開花性:四季咲き
樹 形:直立性
樹 高:1~1.6m
樹 勢:普通
用 途:鉢植え向き
受賞歴:1995年花の文化展新花コンテストシルバー賞受賞(社団法人園芸文化協会)


 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

透明感のあるブロンズオレンジ色のバラ

薔薇物語~レディ エマ ハミルトン

1805年トラファルガー海戦でナポレオン軍に勝利した英国の英雄・ネルソン提督の恋人エマ・ハミルトンの名を冠したバラ。 「レディ・エ…

バラ図鑑

おすすめ記事

ページ上部へ戻る