アンティークタッチのバラ「パシュミナ」

中心がピンク色、外側につれてクリームピンク色のアンティークなバラ

「ピエール ドゥ ロンサール」を小ぶりにしたようなバラ。
カップ咲きの小ぶりの花が、房になってころころと咲く可愛らしいバラ。

花もちが良く、株はコンパクト、ベランダでの栽培に向きます。
うどん粉病、黒星病に強い品種。

緑を帯びた白に中心のピンク色が、周りに溶け込んでいるような色合いがとても魅力的なバラ。
大人気の「ピエール ドゥ ロンサール」は場所的に無理と思っている方でも…
「パシュミナ」は、コンパクトで育てやすいので人気バラになるでしょうね。


パシュミナ

品種名:Pashmina
系 統:F(フロリバンダ)
作出年:2008年
作出国:ドイツ
作出者:Kordes(コルデス社
交配親:※

花 色:緑を帯びた白色、中心が淡いピンク色
花 形:カップ咲き、ロゼッタ咲き、房咲き
花弁数:120枚
花 径:中輪
香 り:微香
開花性:四季咲き
樹 形:半直立性
樹 高:1m
樹 勢:普通
用 途:鉢植え向き


 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

白にピンクの覆輪の美しい大輪のバラ

薔薇物語~グレース ケリー

モナコ公国王妃のバラ プリンセス・ドゥ・モナコ レニエ3世即位50周年 ジュピレ・デュ・プリンス・ドゥ・モナコ キャロリー…

バラ図鑑

おすすめ記事

ページ上部へ戻る