優美で華やかなバラ「ピンク ピース」

華やかなローズピンク色のバラ

濃い目のピンク色ですが、可愛い丸弁なので意外と柔らかな印象を受けるバラ。
20世紀の銘花「ピース」の作出で有名なフランシス・メイアン氏、晩年の傑作品種。

フルーツ系の華やかな香りが漂い、大輪花の割には細い枝がかえって調和的。
花付きも良く、花壇用品種として大変優れた性質を持っています。


ピンクピース

品種名:Pink Peace
系 統:HT(ハイブリッドティ)
作出年:1958年
作出国:フランス
作出者:Francis Meilland(メイアン社
交配親:(Peace × Monique) × (Peace×Mrs John Laing)

花 色:ローズピンク、ピンク色
花 形:高芯丸弁咲き
花 径:大輪
香 り:強香(フルーツ系)
開花性:四季咲き
樹 形:半直立性
樹 高:1.3m
樹 勢:強
用 途:鉢植え、花壇
受賞歴:1959年ジュネーブ国際バラ新品種コンクール金賞、ローマ国際コンクール金賞
バライラスト国際コンクールについてはこちらをご覧下さい。


 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

マイガーデン誌の和の庭に向く赤紫色のバラ

My Garden誌 秋号2015

※上写真のバラ「えびぞめ色のパルフェ タムール」 ※下写真のバラ「絞りの着物を思わせるパープルのスプラッシュ」 My…

バラ図鑑

おすすめ記事

ページ上部へ戻る