マーガレット王女の名を冠したバラ「プリンセス マーガレット」

大輪のピンク色のバラ

綺麗なピンク色、エレガントな雰囲気をもつバラ。
昔から優しい色合いと、整った花形が人気の品種。

名花「ピース」を親に持ち、とても強健で育てやすい品種。
弁質が良く、花枝が長いので切花にもおすすめです。


プリンセス マーガレット

品種名:Princesse Margaret
別 名:Princess Margaret of England
系 統:HT(ハイブリッド ティー)
作出年:1968年
作出国:フランス
作出者:Marie-Louise(Louisette)Meilland(メイアン社
交配親:※

花 色:ピンク色
花 形:剣弁高芯咲き
花 径:大輪
香 り:微香
開花性:四季咲き
樹 形:半直立性
樹 高:1.3m
樹 勢:強
用 途:鉢植え、花壇、切花向き

※プリンセス マーガレット
エリザベス女王の4歳年下の妹君。
透き通るような青い瞳と、知性と気品を兼ね備え美貌の王女。
パパラッチの標的になった最初の王室女性です。
バライラスト詳しくはこちらをご覧下さい。


 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

アーチに絡まったラベンダー色のバラ「スターリングシルバー」が強い香を漂わせています。

谷津バラ園

国際バラとガーデニングショウへ行った翌日に、谷津バラ園に行ってきました。 全体的に5~6部咲きと言ったところでしょうか…? …

バラ図鑑

おすすめ記事

ページ上部へ戻る