手間を掛けなくても良く咲くバラ「クイーン エリザベス」

一輪の大輪の明るいピンクのバラ

女王の名にふさわしく、非常に丈夫で、おおらかな丸弁のバラ。
花枝が太いために、大輪の明るいピンク色の花が重みで垂れるようなことなく、空に向かって堂々と咲くバラでもあります。

エリザベス女王の戴冠にちなんで命名されました。
公邸の一つウィンザー城の芝生の周囲に数千本栽培されているそうです。

手間の全くかからないほど、強健種で初心者にお勧めの品種。
丈夫で育てやすく、花もちも良く、放置しておいても咲き続けるバラとしても有名。
数多くのコンクールに入賞しているピンク色の銘花。

このクィーンエリザベスは、グランディーフローラ系で初めて大輪の花を房咲き、四季咲きにした品種。
枝代わりに「イエロー・クイーンエリザベス」もあります。

クィーン エリザベス

品種名:Queen Elizabeth
別 名:ザクィーンエリザベスローズ、クィーンオブイングランド
系 統:Gr(グランディフローラ)
作出年:1954年
作出国:アメリカ
作出者:Dr. Walter Lammerts
交配親:Charlotte Armstrong × Floradora

花 色:明るいピンク
花 形:丸弁咲き
花 径:大輪
香 り:中香
開花性:四季咲き
樹 形:大型の直立性
樹 高:2.0m
樹 勢:非常に強い
用 途:花壇後方向き、鉢植え
受賞歴:1955年AARS(オールアメリカローズセレクション)受賞

☆1978年に世界バラ会連合の「ばらの栄誉の殿堂」入りをしています。
殿堂入りした品種の2番目のバラがクィーンエリザベス(第4回)で1番目は「ピース」(第3回)です。
第1回(19971年)と第2回(1973年)は受賞なし。
バライラストバラ「ピース」についてはこちらをご覧下さい。
バライラストバラ「プリンセス マーガレット」についてはこちらをご覧下さい。


※グランディフローラー(Gr)
四季咲き、大輪、房咲き、多花性、耐病性に優れた品種。


 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

黄色のバラ

鈴木省三氏作出 バラ一覧

品 名:Asagmo 作出年:1973年 系 統:HT 交配親:peace実生×Charleston実生 花 色:薄い黄色~紅赤…

バラ図鑑

おすすめ記事

ページ上部へ戻る