たっぷりの花びらが詰まったカップ咲きのバラ「ウィンダーミア」

花びらが80枚ほどあるフルカップの白色のバラ

ウィンダーミアは北西イングランドの、湖水地方にあるもっとも大きな湖の名前。
ふっくらとした蕾は、80枚程の花びらがたくさん詰まったカップ咲きへと開花。
太陽の光を浴びて、クリーム色から純白へと変化。

イングリッシュ・ローズは大きく育つ品種も多いのですが、
ウィンダーミアは樹高も低くコンパクト育つ品種。

丈夫で、シュートを根元から出し、花付きも良く、トゲも少なく初心者にもお勧めの品種。
香りも素晴らしく、シトラス系を感じさせるフルーツ香。

ウィンダーミア

品種名:windermere
系 統:ER・S(イングリッシュローズ・シュラブ)
作出年:2006年
作出国:イギリス
作出者:David Austin(デヴィッド・オースティン
交配親:実生 × 実生

花 色:白色
花 形:ロゼット咲き
花弁数:約80枚
花 径:中輪
香 り:強香(フルーツ系、シトラス系)
開花性:四季咲き
樹 形:シュラブ
樹 高:1.0m前後
樹 勢:普通
用 途:鉢植え、花壇


 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

広々したバラ園に咲くピンクのバラ

イングランドの丘 バラ園

淡路ファームパーク イングランドの丘 バラ園 広大な敷地に二つのエリア(イングランドエリアとグリーンヒルズエリア)がありま…

バラ図鑑

おすすめ記事

ページ上部へ戻る